So-net無料ブログ作成

日本古代史を科学する [新書]

もともとが理系人間ですが、実はとても古代史が好きです。
小学生の頃から中国古典を読みあさっていた身としては、これは読まなきゃ行けないでしょ(笑)


日本古代史を科学する (PHP新書)

日本古代史を科学する (PHP新書)

  • 作者: 中田 力
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2012/02/15
  • メディア: 新書


Kindle版はこちら

日本古代史を科学する (PHP新書)

日本古代史を科学する (PHP新書)

  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2012/02/15
  • メディア: Kindle版


読んでいて、私が昔から疑問に思っていたことを、この著者も疑問に感じていたということがわかり、ちょっと嬉しかった。
だって聞いちゃいけない気がしたの。
それはね、金印が博多の畑から見つかったからって、なぜ委奴國王(わのなのこくおう)の奴国がそこにあったって言えるのだろうと言うこと。
中国大陸を行き来出来た人たちが小さなだけど大事な金印を持ち歩かなかったというのは不思議。
大事なものだからもしも奴国の人が移動したり、征服されたりしたりしたら大事だからもちあるくこともあったのではないかと思うのです。
博多ではないという気はありません。デモなんで博多と断定するんだろう。
お米や、人類学的観点からある時期に中国大陸からの亡命集団がいたってちょっとロマンを感じます。
だってその一部が蓬莱国を目指した徐福が秦の始皇帝の支配から飛び出した時期とも一致するのだから。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。