So-net無料ブログ作成
検索選択

お久し振りです。チェーザレ…一連 [コミック]

4年近くblogを放りぱなしでした。
今、再開したくなったのは、というか文を作りたくなったのは、チェーザレ 破壊の創造者 10巻が発売になったからで。

チェーザレ ボルジアものとしては、やはり塩野さんの チェーザレ ボルジア あるいは優雅なる冷酷 が私にとって初めてのチェーザレとの出会いでした。

何故手に取ったかって、優雅なる冷酷ってその美しい言葉ヅラ。それにひかれて手に取ったのは大学生の頃でした。
若かった…!!
でも今でも チェーザレ ボルジア あるいは優雅なる冷酷 って今でもドキドキする。
前半はもうドキドキハラハラ、で、後半は えっ~、て感じで何度読んでも泣きたくなっちゃう。
チェーザレはなんでこうなっちゃったの!!という切ない気持ちで一杯です。
その優雅なる冷酷と前後して読んだのが、川原泉の バビロンまで何マイル? でした。
始めに読んだときは、完結していなかったこともあり、あのチェーザレとこのチェーザレが同一人物と気づくのに暫くかかりました。
チェーザレのえがきかたがそう違った訳ではないのですけれどね。

モーニングのチェーザレの存在は連載開始ごろから知っていましたが、実際に読みはじめたのは昨年の夏からです。

何故って間違いなくハマるのが分かっていたので…。

そのような訳でblogを再開したくなるほどはまってしまいました♪


チェーザレ 破壊の創造者(1) (KCデラックス)

チェーザレ 破壊の創造者(1) (KCデラックス)

  • 作者: 惣領 冬実
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2006/10/23
  • メディア: コミック



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。