So-net無料ブログ作成

死体は悩む [新書]

今週はいっぱい本を読みました!!!
まだまだ行きます

死体は悩む―多発する猟奇殺人事件の真実 (角川oneテーマ21 C 137)

死体は悩む―多発する猟奇殺人事件の真実 (角川oneテーマ21 C 137)

  • 作者: 上野 正彦
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2007/09
  • メディア: 新書


「ブラックダリアの真実」でも書きましたが、血なまぐさいものはダメです。が法医学には興味があります。なのでもちろん写真や絵があるともうその本を開けることも出来ません。
 ですのでこのような法医学の研究者の書かれたエッセイ集的なものはすきです。
 実はこの本を買うまでに1週間かかっています。読みたかったのですが帯の推薦文を読んだ時にちょっと大丈夫かな・・・と不安がよぎりました。 で 写真や絵が無いことを確認してまた悩んでまあ1週間後に購入したわけです。
 かなり私は想像がたくましいので、文章の記述を結構頭の中で映像化してしまいます。出来るだけ分のまま映像化しないようにこの手の本は読んでいくわけです。
 この本を読んで・・・私にはやっぱり自殺は出来ないな・・・と思いました。
 一瞬で楽に死ねる方法なんてあるんだろうか・・・

 上野先生の本過去にこれも読んでます

死体は語る (文春文庫)

死体は語る (文春文庫)

  • 作者: 上野 正彦
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2001/10
  • メディア: 文庫


 
法医学者といえばこれ。

法医学教室の午後 (1982年)

法医学教室の午後 (1982年)

  • 作者: 西丸 与一
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞社
  • 発売日: 1982/11
  • メディア: -


いずれも続編もすすめてお薦めです


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。